知りたいと思うには
(星野)源クンの『くせのうた』が頭の中で流れてます。

さかのぼること7年前、2010年8月。

私はこの曲について記事を投稿してます。

PVの源クン、まだ “売れっ子オーラ” が出ていない(苦笑)

ブレイクする ずっと前。

そして、まだ大病する前。

人生、何が起こるか分からないものです。
| 2017.08.06 Sunday | 2017 voice | comments(0) |
葉っぱ?

 洗濯物を取り込もうと、
 ベランダに出たら、
 網戸に葉っぱがついてる。

 近づいてよく見たら、
 バッタだった。

 ビックリした。


| 2017.08.05 Saturday | 2017 voice | comments(0) |
蝉の声
夏休み中だけど、中学校の体育館から

部活で準備体操をしている子たちの掛け声。

イチ、ニー、サン、シッ

ゴー、ロク、シチ、ハチ

それと同じテンポで 蝉が鳴いていた。
| 2017.08.05 Saturday | 2017 voice | comments(0) |
おげんさん、再び
おげんさん」が帰ってきました。

星野源新曲 “Family Song” PV公開 
 お父さん・高畑充希、娘・藤井隆ら出演




この設定のアイデア、番組が先か、PVが先か。
いずれにしても、源クンがこの設定を気に入っていることは間違いない。

おげんさん、設定は「お母さん」なのに、基本、中身は源クンなんですよね。
自分のこと、「僕」って言うし。 シュールよね。

そして、おげんさん一家は、姉妹がファンキーよね。 最強だと思う。

さらに、ベーシストが不在よね。
よっぽどコスプレが嫌だったのかしら?(笑)
| 2017.08.03 Thursday | 2017 voice | comments(0) |
記憶喪失と方言
朝ドラ『ひよっこ

私が疑問に思っていたこと、既に調べてる人がいました。

ひよっこ|実の標準語はおかしい?
 記憶喪失で方言や訛りがなくなるの?


| 2017.08.01 Tuesday | 2017 voice | comments(0) |
三條若狭屋の祇園ちご餅
昨日の【オトコの別腹 スイーツフェア】の続き。

映画監督の周防正行さんオススメ 【三條若狭屋】祇園ちご餅

こちらは余裕でゲットできました!

1501403388170.jpg
 外見は、こんな感じ。


1501403397619.jpg
 なんだか、縁起が良さそうです☆ 

 (祇園祭に伝わる銘菓だそうで)


1501403405225.jpg
 中身は、こんな感じ。
 
 3本入りで、
 1本 二口くらいで食べ切れるサイズ。

 外は求肥で、中には白味噌餡。
 ほんのり甘くて、ちょっとしょっぱい。
 (みたらし団子に似た味)

 なんとなく懐かしい味でした。

| 2017.07.31 Monday | 【う】 | comments(0) |
鍵善良房の甘露竹
先日の【厳選!オトコの別腹 有名人おすすめスイーツフェア

歌舞伎俳優の中村吉右衛門さん オススメ 【鍵善良房】甘露竹(水ようかん)
リトライして、10時過ぎに行ったら、見事ゲットできました!

この食に対する執着心、自分でも不思議なくらいです。
たぶん、これが東京のお店だったら、そんなに必死にならないと思うのですが、
京都の和菓子屋さんということで、どうしても食べたい気持ちが強くなりました。


 竹の筒に入った水ようかん。
 付属の太い針で筒の後ろを刺すと、
 空気が入って、ツルンと出てきます。

 甘さ控えめで、
 なんとも上品な甘さです。
 アッという間に完食。

 5本入りで、賞味期限が4日なので、
 これから毎日食べ続けます(笑)


さて、閑話休題。
銀座松屋の催事場は8階にあって、エレベーターで会場へ。
エレベーターの扉が開くと、そこには長蛇の列が!

最初はスイーツフェアに行列ができているのかと思って ひるみましたが、
西尾維新大辞展」というアニメクリエイターの催事が
隣接する会場で開催されていて、その入場待ちの列でした。
(すみません、私、その人のこと まったく知らない・・・)

平日に行った時にも、ものすごい行列でしたが、
日曜はもっとすごいことになっていて、
午前の時点で8階から3階まで(!)列ができていました。
| 2017.07.30 Sunday | 【う】 | comments(0) |
あるがまゝ行く
先日逝去された、聖路加病院の日野原重明先生。

朝日新聞の土曜版『be』で、
「105歳、私の証 あるがまゝ行く」という連載をお持ちでした。
私は、毎週それを読むのを楽しみにしていました。

毎週だったのが、今年の春に体調を崩されてから、
月1回のペースに変更されました。

今日の土曜版には、代替のコラムかお悔みの言葉が
掲載されるのかと思っていたのですが、紙面を見れば
「読者の皆様に最後のごあいさつ」と書いてあるではありませんか。

「編集部から」のコメントによると、5月下旬に
最終回を意識して口述筆記されたものを緊急掲載したのだとか。
「名医らしく、ご自身の限界を見極めたうえでの
 幕の引き方の見事さに、言葉もありません」とありました。

最後のコラムには、連載を始めるきっかけや、
読者への感謝の言葉、聖路加病院の先生方への御礼の言葉が綴られ、
最後に「これで、私からのメッセージを終わりにしたいと思います」と一言。

死期を意識しながらも、後半には(これからの季節に)
紫陽花がきれいに色づくのを楽しみにしている、とも書かれてありました。
それは、生と死が切り離されたものではないというか、
人生を歩み続けている先に ふっと終わりが来るような、
そんな自然の摂理のようなものを感じました。

※最後のコラムは、こちらで有料会員になると読めます ⇒ 

91歳から105歳まで、約15年続いた連載。
(タイトルの「○○歳」は、毎年変えられていました)
日野原先生の原稿はまだ残っているそうで、
9月以降 順次掲載される予定とのこと。

亡くなっても、その魂は多くの人の心に生き続け、
その言葉は多くの人を励まし、勇気づけることと思います。
心よりご冥福をお祈りします。
| 2017.07.29 Saturday | 2017 voice | comments(0) |
雨の花火
隅田川花火大会をはじめ、今日は各地で花火大会が開催されるようで。

しかし、あいにくの雨模様・・・

近年、ゲリラ豪雨で中止というのはあったと思いますが、
梅雨のような シトシト雨で中止というのは、あまりないかも。

しかし、屋外で傘をさしながら花火を観るのは、
なんだかな〜という感じもします。

それにしても、どうして隅田川のような大規模でメジャーな花火大会と
他の花火大会を同じ日に開催するのか、とても不思議です。
そして、隅田川に大勢の観客が押し寄せるというのに、
他の花火大会にも それ以外の人々が押し寄せるというのも不思議。

かく言う私は、例によって混雑が苦手なので
花火大会に行く予定はないんですけれども(苦笑)

さて、この間も書きましたが、週間予報を見ていると、
この先しばらくは曇りや雨で、梅雨に逆戻りしたみたい。
梅雨の間は猛暑続きだったのに。ヘンテコな夏です。
| 2017.07.29 Saturday | 2017 voice | comments(0) |
プレミアム・フライデー
プレミアム・フライデーが始まって、しばらく経ちましたが、
私の周りで この恩恵を受けたことのある人を知りません。
もちろん、私だって な〜んにも変化ありません。

月末の金曜日って、普通の企業は忙しいと思うんですよね。
それを早い時間で終業にしてしまうと、
結局は週明けに金曜やらなかった分の皺寄せが来るわけで、
プラスマイナス0というか、むしろマイナスなんじゃないかと。

昔、コラムニストの酒井順子さんが
会社員の週末というのは、ゴムがつけられたロケットのようなもので、
金曜の夜に打ち上げられても、月曜の朝になれば
また元の場所に引き戻される、というようなことを書いていました。

言い得て妙だなあ、と思いました。
| 2017.07.28 Friday | 2017 voice | comments(0) |
<new | top | old>