<< 続・花柄スカート | main | 不思議な夕焼け >>
くせのうた
朝の連続テレビ小説 『ゲゲゲの女房』 で
主人公・布美枝の弟・貴司役を演じる 星野源さん。

いい味 出してます。

しかしながら、本業は SAKEROCKというインスト・バンドのリーダー兼ギターで、
時々 役者で、時々 文筆家で、時々 映像作家だったり。

最近、初のソロ・アルバム 『ばかのうた』 をリリース。
その中で この曲が気になっています。



 ♪ 知りたいと思うには 全部違うと知ることだ 

 ♪ 寂しいと叫ぶには 僕はあまりにくだらない

ご本人は、自分の声がコンプレックスだとおっしゃいます。
それで、歌うことが好きなのに、今まで 歌うことを避けてきたとのこと。

この声 とても魅力的だと思うんですけどね、私は。

SAKEROCKの 『おじいさん先生』 の主題歌 だって、この声ありきです。
その上で、この旋律と うら寂しい世界観が 頭から離れなくなりましたから。

すっごく細かくて 非常に個人的な嗜好なのですが、
星野さんの歌声は 母音が「あ」の音が 柔らかくて 耳に心地良いのです。

「あ か さ た な  は ま や ら わ 〜 ♪」

メロディーをつけて歌ってほしいものです( w )

『ばかのうた』 のレコーディングには、
あら、アノ人が。
(相変わらず 人気者ですねぇ)




こちらは、役者としての出演作
去年ルノアールで
深夜番組のテイストがムンムンです(笑)




| 2010.08.11 Wednesday | 2010 voice | comments(0) |