2011
年の瀬は せわしないけれど、今年は喪中で お正月の準備をしないので、
その点だけは 少し落ち着いていられる大晦日です。

今年は、長い 長い 一年でした。
悲しい年であり、また 忙しい年でした。

多忙で目が回りそうな日々の中で、時々 ふと思うことがあります。

一つは、昨年の今頃を振り返ると、精神的に もっともっと辛かったので、
それに比べれば、今の忙しさは なんてことはない、ということ。

もう一つは、忙しいおかげで、後ろを振り返らずに済んでいる、ということ。
他のことを考える時間があったら、どうしても悲しい記憶を辿っていたと思うから、
そう考えると、有り難いことなのかもしれません。

だから今、こうして忙しくしていられる私は、恵まれていると思うのです。
ただ一つ、母の遺品の整理が止まったままで年越しするのは、
少々 後ろめたいところではありますが。

さて、今年も ブログで1年を振り返えってみます。

【voice】
記事数は、(この記事を含めて) 計86。
2007年のスタートから、過去最少の記事数です。
書けなかった時期があったので、仕方ありません。

【movie】
今年観た映画の本数は、テレビを含めて 計23本。
今年のベスト・ムービーは、毎度のことながら 「もう一度観たい」いう基準で選びます。

ベガス』  『』  『エレニの旅

【saka recipe】
2007年〜2010年の累計が「45」で、2011年12月現在 「55」
お料理をする頻度は確実に増えているのですが、
定番和食を好む父と暮らしていることから 同じものを作ることが多く、
あまり 新たなレシピの開拓はしていないかも。

【う】
2010年10月〜2011年5月まで、【う】 の記事がありませんでした。
この頃は、ちょうど母の看病をしていた時期でした。
母は 食欲がなくなり、食事量も激減しました。
日々体調や味覚の変化があったし、食事の制限もあったため、
「食」 は楽しむものではなく、生きることに直結するものとなりました。
それ故、この時期は、食べ物の美味しさに関して
感動するようなことが少なかったように思います。

春以降、悲しみにくれていた時、いろんな方から
「今度、美味しいものでも食べに行きましょう」
という励ましとお誘いをいただいたけれど、
なかなか そういう気分にはなれませんでした。
(上半期は、自分も胃腸の病気とも闘っていたことも 理由にありますが)

どんなに美味しいものでも、悲しみを消すことはできないのだと知りました。


さて、今年も大変お世話になりました。 
いつも以上に、多くの人に支えられた一年でした。
来年は、少しでも笑顔の多い 明るい年にしたいものです。

それでは 皆さま、どうぞ良いお年を。
| 2011.12.31 Saturday | 2011 voice | comments(0) |
2355
Eテレ(=教育テレビ)で 毎日 23時55分から放送される

5分番組 『2355』 が好きです。

毎朝 7時の前に放送している 『0655』 という番組もあるのですが、

私は 2355(ニーサンゴーゴー)の方が のほほ〜んとしていて好き。

今年の大晦日には、なんと 『2355 年越しをご一緒にスペシャル』 が放送されます。

これは録画しなきゃー!!

ええ、リアルタイムでは観ないのです・・・

なぜなら、テレ東のジルベスターコンサートで カウントダウンしたいから。

今年は、指揮が金聖響さん、楽曲はラヴェルの 『ボレロ』 なんです!
(私、いずれも好きなもので・・・。照)

紅白を観て、テレ東に切り替えて、年越し後に 『2355』 をゆっくり観ます(笑)

続きを読む >>
| 2011.12.30 Friday | 2011 voice | comments(0) |
THE MONOCLE CAFE
有楽町に今秋オープンした 【阪急 Men's TOKYO】 地下にある
【THE MONOCLE CAFE】 に行きました。

イギリスの情報誌 『MONOCLE(モノクル)』 の編集長がプロデュースしたカフェで、
男性をターゲットに意識したスタイリッシュなカフェ。(もちろん、女性も入れます)

3種のデリ + バゲットをオーダーしました。

それぞれの正式名称は忘れたけど、ラタトゥイユ&クスクス、
ジャーマンポテト、ズッキーニ&スプラウトのなんたらかんたらサラダ。

続きを読む >>
| 2011.12.26 Monday | 2011 voice | comments(0) |
アンチ・クリスマス
子供の頃は大好きだったクリスマスも、
大人になってからは 憂鬱で 憂鬱で 仕方がない。
できることなら、クリスマスイブには 街に出たくない。
家に篭って、世間から隔離された状態で過ごしたい。

我ながら、ひねくれ者だな、と思う。
もっと、ロマンチックな性格だったらよかったのに・・・

今年は仕事が入っていて、イブに外出しなければなりませんでした。
(もう、この時点で かなりテンション下がり気味)

用事があって、デパ地下に寄ったところ、
肉屋さんの前には ローストチキンを買う人々の長い行列が!

洋食のお惣菜屋さんには オードブルを買う人の行列!
ケーキ屋さんにも行列!! 
ついでに、ケンタッキーも大行列!!!

な、なんじゃこれはーっ!? 

「こちら最後尾」のプラカードを持つ係の人が あちらこちらにいて、
何かのアトラクション待ちみたい。

しまいには、尋常ではない人混みの中で 身動きがとれなくなってしまった私。
人混みと行列が大嫌いな私は、もう発狂寸前です。

しかも、クリスマス食材を買いに来たわけではないのに、
なんで この人の波に飲まれなきゃならんのか、納得がいきません。

芋を洗うようなデパ地下の中で、頭が ガンガン 痛くなってきました。
(おそらく人混みにいるストレスが原因)

ああ、もう、クリスマスなんて、クリスマスなんて×××!!

そんな私の クリスマス唯一の楽しみは、
人目を憚らず、自宅でローストチキンにかぶりつくこと。
(聖夜に限っては、肉食になります。笑)

それ以外のことは、本当に どーでもいい。
クリスマスには、多くの子供達が幸せになってほしい。
ただそれを願うだけです。

| 2011.12.24 Saturday | 2011 voice | comments(0) |
きもの1

 幸田文 最後の長編 『きもの』 を読みました。

 観終わった後で 「もう一度観たい!」
 と思う映画は たくさんあったけれど、
 本作のように 読み終えてスグに
 「もう一度読みたい!」 と思った小説は、
 ミステリー以外だと ほとんどありません。

 そのくらいに新鮮な感動がありました。


感想をコンパクトにまとめようと思ったのですが、
書きたいことが多すぎて、ちっとも まとまりません。
(今月初旬には読了していたのに、ブログを書くのに随分時間がかかってしまった)
卒業論文のテーマ、本作にすればよかったと後悔するくらいです(苦笑)

もっとも、ハタチやそこらで読んでいたら、
これだけ感動できていたか、定かではありません。
そうなんです、この作品を読むタイミングというのに、
何か不思議な縁のようなものすら感じているのです。

というわけで、何回かに分けて感想を書いていこうと思います。
まずは、先に挙げた この本を読むタイミング(経緯)の話から。
続きを読む >>
| 2011.12.19 Monday | 2011 voice | comments(0) |
和栗や
栗専門のスイーツ店 【和栗や】 にて 「栗薫モンブラン」 + 「焙じ茶ラテ」




 このモンブラン、一度行ったら売り切れで、今回リトライ。

 2種の和栗ペーストが使われていて、

 栗本来の甘味を活かした なめらかなクリームが美味。

 ただ、個人的には、一番下は サクサク生地ではなく、

 フワフワのスポンジの方が 相性いいと思います。

| 2011.12.10 Saturday | 2011 voice | comments(2) |
ぎっくり首
私は、毎朝シャワーを浴びます。

今朝も、寒いけど ちょっと我慢しながら、頭を洗っていました。

洗い終わって、下に向けていた頭を 弾みをつけてヒョイッと上げた瞬間、
首の後ろ(頚椎)が グキッとなって、激痛が・・・!!

どうやら、ぎっくり腰の首バージョンをやってしまったようです(涙)

時間が経つにつれ、だんだん痛みが増してきたので、
生まれて初めて 「針」 を打ってもらいました。

腰を痛めるよりは動ける分 マシだけれど、
後ろを振り返る時には 「お能」 のような動きになります(笑)

あと、うがいをする時、上を向くことができなくて困るんですよね〜。

| 2011.12.05 Monday | 2011 voice | comments(0) |
2011 秋冬ドラマ
今期のドラマで観ているものは・・・

★月〜土 『カーネーション』 (NHK)
 前作 『おひさま』 に どっぷり浸かっていたので、頭の切り替えができるか不安でした。
 最初の子供時代(子役)は やかましくて、少々かったるかったのですが、
 主人公・糸子を 尾野真千子さんが演じるようになったら、俄然おもしろくなりました。
 毎朝 楽しくて、毎日 続きが気になって仕方ありません。(いつものパターン)
 父親役の小林薫さん、母親役の麻生祐未さんの演技も絶妙で、大好きです。

★火曜 『謎解きはディナーのあとで』(フジ)
 なんとなく観始めて、なんとなく観続けています。
 推理モノなのにシリアスじゃなく、漫画っぽいおバカさが お気楽でよろしいのでは?

★水曜 『家政婦のミタ』(日テレ)
 放送開始前、誰もがダジャレ的なタイトルを小馬鹿にしていたであろう本ドラマ。
 蓋を開けたら、驚異的な視聴率を叩き出してしまった、今期一番のダークホースでしょう。
 何かに似てるな〜と思ったら、『女王の教室』と同じ脚本家なのですね。
 有り得ないキャラ設定とか、極端な持っていき方がソックリ。
 個人的には、松嶋菜々子で数字が取れてるわけではないと思っていますが、いかに?

★木曜 『蜜の味』(フジ)
 「禁断ドロドロ恋愛もの」 と分かっていながら、初回を観てしまったばっかりに
 3人の関係が どうなっていくのか目が離せなくなってしまい、
 結局 毎週観てしまうというドラマの泥沼化に、まんまとハマってしまいました(苦笑)

★金曜 『11人もいる!』(テレ朝)
 なんだかんだ言ってたわりに、毎週観ているような・・・。
 別に 話のつづきなんて、どーだっていいと思っているのに・・・。
 星野(源)君と、きたろうさんが出ているから、なんとなく観てしまうのです。

★日曜 『僕とスターの99日』(フジ)
 (佐々木)蔵之介さんが出るシーンは、大笑いして観てます。
 蔵之介さんは、シリアスよりコメディーの方が絶対にイケてると思う。
 さて、「お待たせしました! 今週ついに 40(アラフォー)男が恋に落ちます!」
 という予告CMが流れていますが、それを待ってる人って、どれだけいるんだか?
 少なくとも、私は待ってもいなけりゃ、望んでもいませんが。
 こうなったら、がんも(=蔵之介さん)を応援します。 フレー、フレー、がんも!!

| 2011.12.03 Saturday | 2011 voice | comments(0) |
当たりペコちゃん
お気に入りの 「ミルキーのど飴」 の個別包装を開けてから気づきました・・・


 このペコちゃんだけ、マスクしてる〜っ!!

 「コアラのマーチ」 で言うところの
 “ まゆげコアラ ” みたいなものでしょうか!?

 ラッキー!と思ったのも束の間、
 風邪ひいてるペコちゃんが当たるのって、
 運が良いのか、悪いのか・・・?


今日から12月。 師走です。 年の瀬でございます。
急に冷え込んできましたので、どうぞ風邪などお召しになりませぬよう。
| 2011.12.01 Thursday | 2011 voice | comments(0) |
東京フィルメックス2011 検証
今年の東京フィルメックスが閉幕しました。

私は結局、前売券争奪戦に敗北した
アミール・ナデリ監督、西島秀俊主演の 『CUT』 は、見逃す結果となりました。
夜の上映であっても、当日券の販売は朝からなので、考えた末に諦めました。
やらなきゃならない仕事もあったし、風邪気味で体もダルかったし。
ま、そんな風に呑気でいられるのも、一般公開が控えているからなんですが。

今年は、コンペティションの作品を ほとんど観られなくて残念でしたが、
それでも、ナデリ監督の 『ベガス』 を観られただけでもラッキーで、十分満足しました。
(プレイベントでの上映でしたが、私にとっては これもフィルメックスの一部です)
続きを読む >>
| 2011.11.27 Sunday | 2011 voice | comments(0) |
<new | top | old>