今日のラテ欄
1505693458172.jpg
 テレ朝のテレビ欄に
 タモさんがいる・・・!

 斬新。

 かつてテレビ情報誌で
 番組表を制作する仕事をしていたけど、
 このアイデアは考えたことすらなかった!
 
 てことは、テレビ局は
 広告枠以外にラテ欄も買える
 ・・・ということよね?


| 2017.09.18 Monday | 2017 voice | comments(0) |
オレオマフィン
映画『パターソン』を観た後、
心の中で 配給会社の宣伝担当の方々に一つだけダメ出ししたくなりました。

「なぜ、キャンペーンで 映画とコラボしたカップケーキを作らなかったの!?」

映画の中で、パターソンの妻・ローラが、土曜日のバザーで売るために
カップケーキを大量に作るシーンがあるのです。

アーティスティックで モノトーンにこだわる彼女が作るカップケーキは、
炭のような真っ黒の生地に 白のアイシングでドットとか波線とか、
幾何学模様を描いた、ちょっと個性的なもの。

これ、絶対食べたくなるでしょ、映画観終わった後に!

でも、コラボ商品がないので、仕方なく自分で探しました。
カップケーキのお店の他、【DEAN&DELUCA】とか、【BAGEL&BAGEL】とか、
アメリカン・スイーツを売ってるお店にも行ったけど、見つからない。

そもそも、あの「真っ黒い生地」には何が入ってるんだろう??
チョコやココアって感じでもなく・・

そしたら、【成城石井】で オレオが丸ごと乗っかってるマフィンを発見!


 見た目のインパクトが・・・すごい(苦笑)

 そうか、オレオの色だね、あの黒色は。
 (そしたら、オレオの色は
  何で着色してるわけ?って話になるけど)

 それにしても、甘〜い。
 ああ、これぞアメリカン・スイーツ。
 そして、デカい・・・

 というわけで、2日に分けて食べました。


| 2017.09.17 Sunday | 2017 voice | comments(0) |
パターソン
1505607414471.jpg
 先日、ジム・ジャームッシュ監督の
 『パターソン』を観ました。

 パターソンという街に暮らす
 パターソンという名のバス運転手の
 平凡で変わり映えはしないけれど、
 愛情に溢れた一週間を描いた物語。

 ※あらすじは公式サイトをご覧ください。


予告編を観ると、何かが起こりそうな気配を漂わせていますが、
重大な事件が起こることはない、静かで穏やかな映画です。
(予告編の作り方は巧いけれど、これだと誤解されそう)

非常にシンプルな作品なのですが、映画が終わった時、
皆さんが寄せているような感想を持たなかった私。
なんだか、すごく考えてしまった自分がいて。
どうも単純に幸福感を味わう余裕がなかったというか。

なぜかしら?と、鑑賞後に考えてみました。
行き着いた答えは、主人公のパターソンが綴る詩が原因ではないか、と。

彼の趣味は、詩を書くこと。
毎朝 職場に着いてからバスが出るまでのわずかな時間や、
帰宅してから地下の小部屋でノートを開き、日々の想いを詩に綴ります。

その時、スクリーンの左上には彼が綴るスピードで
詩がテロップのように表示されます。(もちろん英語で)
そして、スクリーンの下部には、日本語の字幕が出ます。

この映画に登場する人物が、こんなことを言います。

「詩の翻訳は、レインコートを着てシャワーを浴びているようなもの」

なるほど、言い得て妙です。

翻訳した文章って、何が書かれているか、内容を理解することはできる。
でも、原文が持つニュアンスとか、余韻とか、リズムとか、韻の踏み方とか、
そこから生まれる情景みたいなものは、ダイレクトには伝わらないですよね。
(日本語の俳句を英訳した時の味気なさも然り)

本作で私は、まず英語の原文を読み、日本語字幕を後追いで読み、
その詩が表現しようとしていることを想像してみる・・・
という作業を繰り返していたみたいなんですね。

しかも、その詩が単純明快なものであれば問題なかったのですが、
解るような 解らないような内容だったものですから、
余計に脳ミソを使ってしまい、映画の世界観を楽しむ以前に
くたびれてしまったのかな、というのが自己分析の結果です。

分析結果はこのくらいにして、映画の感想も少し。

パターソンと妻のローラは、それぞれ趣味で芸術活動をしています。
パターソンは詩を書き、ローラは家の中をペインティングしたり、
ギターを買ってもらってカントリー歌手を目指そうとしたり。
この二人、キャラクターは正反対なんだけど、お互いの才能を認めていて、
付かず離れずの距離感が とってもステキだな、と思いました。

決して裕福ではないけれど、精神的な豊かさがあるから、
彼らはとても幸せそうに見えるのです。
その証拠に、二人が日々の暮らしに不平不満を言うシーンがない。
無理したり、何かを我慢している様子もなく、二人の日々に満足している。
それって、素晴らしいことだと思います。
続きを読む >>
| 2017.09.17 Sunday | 2017 movie | comments(0) |
なんちゃってムサカ
終わりそうで終わらない、我が家の「ナス祭り
なんか、地味〜に続いております・・・

20170909_1864019.jpg
 ナスを使ったギリシャ料理の「ムサカ」を
 久しぶりに作ってみました。

 が、曖昧な記憶を頼りに作ったため、
 ビミョーにレシピと違ってた・・・(汗)

 ※本当の作り方は、こちら ⇒ 


<相違点>
・ホワイトソースにヨーグルトを入れなかった
・最後にチーズをのせなかった
・チーズの代わりに、パン粉をのせた

20170909_1864020.jpg
 盛り付けると、こんな感じ。
 全体的にドロッとしていて、
 重ねて焼いた感が薄れてしまい、
 ちょっと見た目が残念。(; ;)
 
 まあ、これはこれで
 美味しかったけれども。

| 2017.09.16 Saturday | saka recipe | comments(0) |
ウェービー眉毛
日本でも来るか!?インスタ最新流行 
 うねうね「ウェービー眉毛&唇」とは


流行らんでいいわ、そんなもん・・・ (-_-;)

なんでもかんでも「流行ってるから」って。

そういうの、どうも好きになれない。

あと、「インスタ映え」って言葉も

なんか いけ好かない・・・

事実、こんなことにもなってるらしいからさ。

「インスタ映え」求め“リア充ねつ造” 
 当事者が語る架空の自分を作り出す心理とは?

| 2017.09.15 Friday | 2017 voice | comments(0) |
ツイッギーそっくりコンテスト
朝ドラ『ひよっこ

昨日は、時子に感情移入して泣けた。

今日は、三男に感情移入して泣けた。

三男が口ずさんでいた、西郷輝彦のヒット曲『星のフラメンコ

これほどピッタリくるシーンが他にあるでしょうか。

時子の吉報に、「次は、私?かしら!?」と愛子さんは言ってたけれど、

次は、三男に幸せになってほしいです・・・(涙)
| 2017.09.14 Thursday | 2017 voice | comments(0) |
栗と和三盆
1505577076680.jpg
 もはやスイーツ。


| 2017.09.13 Wednesday | 2017 voice | comments(0) |
バズグルメ
朝は、NHKニュースからの朝ドラ、という流れでテレビを観ていますが、
昨日はテレビをつけたら、TBSの『あさチャン』をやっていたので、
チャンネルを変えずに、そのまま観てみることにしたのです。

番組の中で、「簡単!おいしい!「バズグルメ」の魅力」として
ネットで話題のレシピを紹介してました。

後半の2つが どうも気になって、実際に作ってみました。
「みたらし団子の豚バラ巻き」と「無限・キャベツ」
※レシピは、こちら ⇒ 

レシピをメモったわけでもなく、番組サイトを確認することもなく、
自分の記憶を頼りに作ったので、ビミョーに違っておりますが(汗)

<相違点>
・「みたらし団子の豚バラ巻き」に塩コショウをかけなかった
⇒だんだん甘みがかったるくなるので、七味とか山椒をかけたらイイかも!
・「無限・キャベツ」に旨味調味料を入れなかった
⇒下味として、粉末の昆布茶か、かつおだしをまぶしておくと美味しいかも!

20170911_1864837.jpg
 「みたらし団子〜」の方は、
 味の想像がつかなかったけど、
 「肉巻きおにぎり」の親戚みたいな感じ。

 焼く時に、豚バラ肉が
 とれないかしら?と心配でしたが、
 とろみのついた「みたらしのタレ」が
 うまい具合につなぎの役目をしていて、
 しかも、お肉に味がつくので、一石二鳥!
 (結構しっかりと味がついてビックリ)

 そして、「無限・キャベツ」
 写真で見ると、ただの千切りキャベツと
 見分けつかない・・・(苦笑)
 でも、千切りキャベツが余った時、
 いいかも!と思いました。


| 2017.09.12 Tuesday | saka recipe | comments(0) |
三十三回忌
今日は、母方の祖父の命日でした。
亡くなって32年、今年は三十三回忌にあたるようです。

仏教では、故人は十三の仏様に守られて
極楽浄土に導かれ成仏するのだそうで、
初七日から三十三回忌までの合わせて十三回の法要ごとに
一人ずつ守護仏が増えていくのだとか。

つまり、三十三回忌で「コンプリート」ってことですよね?
なんか、「七福神めぐり」みたい(苦笑)

えっ、ていうかさ、32年もの間、祖父は まだ成仏できてなかったわけ??
極楽浄土にたどりつけていなかったわけ??

・・・ま、その辺は、深く考えないでおきましょうか。(^_^;)

そんな節目の命日でしたが、特に法事をするわけでもなく、
仏壇にお花とお供え物をして、家族で静かに供養しました。


 お酒がとても強かったので
 大好きだった日本酒と、
 青森の出身だったからリンゴを。

 祖父が青森、祖母が長野出身だったので、
 祖父母がいた頃は、それぞれの親戚から
 ご当地の名産品であるリンゴが
 大きな箱で送られてきてました。

 毎日毎日、食べても食べても減らない
 そんなリンゴの思い出・・・(苦笑)


そういえば。
祖父が小学校の校長先生で、専門が音楽だったことは以前書きましたが、
私、祖父の歌声を聞いたことなかったかも。

父に尋ねてみたら、昔 一度だけ聞いたことがある、と。
それも、何か特別な集まりの時だった、と。

小学校の先生だったら、音楽の授業でオルガンを弾きながら歌いますよね?
どんな歌声だったんだろう?? 聞いてみたかったな〜。
| 2017.09.11 Monday | 2017 voice | comments(0) |
iacoupe
20170909_1863831.jpg
 上野【iacoupe】(イアコッペ)の
 「ステーキコッペ」

 午後には完売してしまう
 人気No.1メニューです。

 「ステーキ」っていうから、
 もっと分厚いお肉かと思ったら、
 意外と薄かった・・・(苦笑)
 これは「ローストビーフ」では?(汗)


ちなみに、【iacoupe】は、
西日暮里にあるブーランジェリー【ianak!】(イアナック)の姉妹店。
【ianak!】で焼いたコッペパンを使っているから、パンの美味しさは保証付き。

(でも、私のコッペNo.1は、千駄木の【大平製パン】ですが)

20170909_1863833.jpg
 お店が入っている
 「上野の森さくらテラス」

 屋上に上がると、そのまま
 上野恩賜公園に直結しています。
 スカイツリーが正面に見える、いい眺め。

 残暑の日差しは眩しいけれど、
 風が通って心地よかったです。


| 2017.09.10 Sunday | 【う】 | comments(0) |
<new | top | old>